2010年07月04日

シークレットブーツ

シークレットシューズ、シークレットブーツ、それは靴底の踵部分を厚く(高く)することによって、通常の靴を履くよりも履いた人の身長を高く見せる靴のこと。

その歴史は古く、ナポレオンも履いていたといわれ、近代ではヒトラーや、近年までは北朝鮮の書記長である金正日までもが履いていたらしい。

権威者には必須のアイテムであります。

形状によってはシークレットブーツ、総称して上げ底靴とも呼称されるこの靴。あまり高くしないほうが無難ですぞ。

結婚式などでも衣装を担当する店や部署では、新郎が背が低い場合や、新婦より極端に背が低い場合などに備えて、礼服用の高さの違う幾つかの底上げ靴を用意しているところもあるっちゅーことや。




posted by 流行マニア at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | トレンド靴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。